--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創造と身体

2012年03月27日 23:18

先輩方ご卒業おめでとうございます。
以下は全て僕個人の印象論であり、明確な根拠は特にありません。
ので、お気を悪くされた場合は申し訳ありません。あくまで私感です。


と、前置きでセルフ免罪符を貼っておいたので好き勝手書かせてもらう。
僕は何かを作る趣味に憧れている。
例えば絵であったり、ガンプラであったり、小説であったり。
そもそも趣味があまりない、というのもあるが、敢えて趣味っぽいものを挙げたとしても、本を読んだり、たまに楽器を触ってみたり、インタネトーを眺めたり、である。まこと趣味に乏しい。悔しい。
作ったものが形に残る趣味。いつか、やってみたいと思う。

「絵描き」「絵師」という人々がいる。
いんたーねとでは誰でも容易に自分の作品を公開できるので、僕のような門外漢でも彼らの活動を目にする機会は多い。その発言を見る機会も多い。
彼らは、おおむね自分の作品に対して謙虚であり、それでいて顕示欲は旺盛にあるので、どうも姿勢が卑屈である。何で読んだのか忘れたけれど、「目立ちたがりの人見知り」が端的にそれを表している。

さて一方、音楽をやる人間たちに目を向ける。
これでも小生、大学では軽音楽部に所属していた。わりとさっさと辞めたけれど。
そこで見た音楽人(というのも大げさだが)達は、前述のお絵かき人達に比べ、ストイックであった。
ストイックというのはつまり、お絵かき人ほどは他人の評価に拘泥せず、専ら自分の技術を磨く事に専心している、という意味で言っている。もちろん完全に人の評価を気にしていないわけでも、ただ上達だけが喜びと言うわけでもないだろうが、比較論として、おおむねそんな風に見受けられる。

この両者の違いはなんだろうか、と考える。
僕は絵については全く素人だけれど、その所作を鑑みるに、おそらくそれは身体性の違いだと思う。
楽器を演奏する、という行為は、あれでなかなか体力が要るものだ。僕は都合トランペットとギターとベースをそれぞれちょっとずつ触った事があるけれど、吹奏楽器はまず肺活量が大変な事になるし、ギターベースは指の皮がむける、腱鞘炎になる、肩がこる。わかりやすいものを挙げればドラムなどは見るからに大変だ。
一方で絵を描くと言うのは、もちろん筆を持つ手やなにやらの技術も必要ではあると思うけれど、大部分はこう、脳みその担当部分であるような気がする。より頭脳労働に近い、というか。

先ほど述べたように、僕は形あるものを作る、という営みがすごくかっこいいと思っている。
絵を描く、というのは「くりえいちぶ」なものであり、その創造性には尊敬の念を禁じ得ない。
音楽もまた同様ではあるのだが、その結果というのは音であるからして、僕としてはイラストレーションとは区別したい、という気持ちがあるのだ。うまく説明しづらいが、どこか根本の部分で、それらは異質である、という思いがあるのである。

単刀直入に言って、(おおむね趣味レベルで)絵描きを自称する人達は、気持ち悪い。
言葉が悪いけれど、こう、なんとなく、卑屈な感じがする。承認欲求やら帰属意識やら、よくわからないがとにかくそういうのが透けて見えるのだ。例えば某イラストSNSとかね。
音楽畑の人々の方が、スポーツマン的というか、もう少しサバサバ(?)している。
絵<<<音楽<<<スポーツ
という

何度も言うように僕は創造的な営為に憧れがあるし、そういう人達を深く尊敬しているけれど、創造的であればあるほど、その周縁はあまり気持ちの良くない感じがする。


要するに何が言いたいのかと言うと、ただ僕はそう思う、というだけなのだけれど、しつこく念押ししておくと、イラストを描いたりできる人は本当に凄いと心から思うので、なんというか、はい、凄いです。
暇が出来たら、文章でも絵でも、そういうことができたらいいと思う。
スポンサーサイト


コメント

  1. せみ | URL | k6nwMOFg

    まつのじさんの見かける機会の多い界隈の絵描きは、まず自分の作品に元に対しての愛着というかがスゴイんじゃないかな
    だから自分の絵を否定されることは元作品を否定されることに繋がる
    理想が元作品にある
    対して音楽は大本を崇拝しながらも自分でより高めていく傾向にある
    理想が自分の中に存在してる感じ

    「絵師」が卑屈に見えるのは、多分そういうまた細かい畑単位で見てるからかもしれないっすよ

  2. まつのじ | URL | -

    >せみ
    うん、まぁ、細かい畑単位で見てるのは確かだ。うん。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。