--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年前の教室、30年後の同窓会

2011年06月28日 23:19

慶応/経済3年/メディアコミュニケーション研究会/学生委員会/山田ゼミ/地域振興/現代アート/テニス/読書/カフェ巡り/哲学/ロジカルシンキング/人とのつながりに興味あります!/ポジティブに生きたい!
↑プロフィールはフィクションです。実在の人物とは何の関連もありません。


Twitterでは、何人か高校や大学の知り合いもフォローしている。
あんまり気は進まないけれど、別に見られて困る事は言ってないので、まぁちょっと僕という人間に対する見解が変わるかもしれない可能性を除けば、何の問題もない。
で、そういう繋がりで昔のクラスメートとか、見知った人間のアカウントをチラホラ発見した。

いや、チラホラどころではない、芋づる式にぞろぞろ釣れた。
ご存じのとおり、僕は友達が少ないので、ほとんどは知り合いでもフォローしようと思うほどの仲では無い人達なのだけれど、面白そうな人もいたので何人か非公開リストにぶち込んだ。
その「面白そう」というのはつまり、上記のような感じの人達である。

まず、アカウントを見て知り合いだとわかるってのは、要するにユーザ名が実名なわけで。
まぁ、ネット実名論vs匿名論の論争には踏み込まないでおくけれど、少なくともTwitterに関しては、実名でやってる人達ってのが一定数存在している。
そういう人ってだいたい雰囲気が似てる。

別にそういうのが悪いとかってんじゃなく(共感はできない)、ただ数年前に同じ教室で同じ空気吸って高校生らしいバカやってた奴らが、しばらく見ないうちに随分変わったな、とそれがなんとなく面白かった。

個人的には、実名出して大学名出してっていうのはどうも嫌な感じがしてしまうんだけれど、これだけの数の人達がそういう使い方をしてるっていう事実があると、もうなんか「そういうクラスタ」としての存在が確立されてしまった感もある。それで下手打ったらまぁそらリテラシー(笑)が無かったってことになるのかね。
いや、強調しておくけれど実名ついったらーを批判したいわけでは無くて、その使い方もその人生観(だいたい実名出してる大学生はみんな似たようなこと言ってる)も僕には理解できないな、っていうだけの話です。

まぁしかし、皆大人になったものだな。と思う。
僕なんて、知識や教養は増えても、中身は(見た目も)ほとんど高校卒業から変わって無い気がする。
一応僕の母校は地元では名高い進学校で通ってるので、同窓生の中から将来どこかで名を上げる人が出てもおかしくない、というか確実にジジイになってからの同窓会はヤバイ事になってると思われる。
実名でTwitterをやる彼らの中にも、いつか偉くなるやつがいるかもしれない。

それを見た僕はただ漠然と「もうちょっとコネ作っときゃよかったなー」と思うのだろう。きっと。
僕の多くない友人たちが大成してくれることを切に願う。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。