--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蝋燭を忘れても

2011年07月23日 22:04

七月生まれは多い。

「角松は冥土の旅の一里塚」という諺がある。
角松、すなわち年の区切りを越えるたび、人生と言う名の死出の旅路を着実に進んでいるのだ、というような意味(うろ覚え)で、まぁ「人生は死ぬまでの暇つぶし」なんていうのと近いかもしれない。
しかし、人間は365人に1人を除けば元旦生まれではないので、ほとんどの人にとってこれはちょっと正確ではないような気がする。
じゃあなんで誕生日にしなかったんだ、と思うけれど、日本人は元々は誕生日というものをあまり重視していなかったというのが理由なんじゃないだろうか。ハッピーバースデートゥーユー♪の日本語版って聞かないし。



そんなわけで、誕生日でした。
本日をもって19歳と××ヶ月です。永遠の十代です。

そろそろ誕生日に抱く感慨も消えかけてきましたが、いくつかお祝いの言葉も頂きました。
ツイッターはお祝いされてる感を不当に水増しするので危険ですね。
この場を借りて改めてお礼申し上げます。とりあえず誰かに祝ってもらえるうちは幸せだと思います。

当然ながら何の予定も無かったのですが、昨日の夜に突然バイト先から入電があり、増援要請を受けてしまいました。
当然ながら何の予定も無かったので、拒否権を発動する条件が満たせず、仕方なく3時間労働してきました。
まぁいいでしょう。どうせ何も無いし。

いや、全く皆無というわけでもありません。
ケーキ買ってきました。ケーキ。
去年は外出先で部屋のカギを紛失して締めだされるというアクシデントがあり、ケーキどころでは無かったのですが(これも今思うと割と酷い)、今年はちゃんとしたケーキ屋さんで買おうと決めておりました。

cake

…ちいさくね?しょぼくね?(※当然1人用)

いや、こんなんばっかりだったので。お店入って何も買わずにUターンもできなかったので。
右は名前忘れた。フランス語っぽかった。マンゴーソースが掛った、なんだこれ、ふわりとした生クリームのようなもの。
まさかただの生クリームではあるまいな。
左は白いプリン。もうちょっと名前考えてやれよ。
マスカルポーネチーズとか、その辺の味がしました。





cake2

おいしゅうございました。

流石の僕も1人で店に入って一個だけ買っていくのは恥ずかしかったので、さも彼女の分を買うような顔をして二個買ってきました。
どうでもいいけど店員のお姉さんがめちゃくちゃ無愛想だったのは何でなの。

値段的にランクは下の感じですが、コンビニスイーツで満足する程度の舌なので、普通に美味しく頂きました。



昨日はこの一年の抱負として「彼女と内定ゲット」なんて大言壮語を吐きましたので(やる気ない)、とりあえず半分は達成できるように精進したいと思います。


彼女だけできて無い内定ってのもそれはそれで嫌だな。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。